変わった編地

 ニットファッション、ニット製品製造のサンローレルです。

社長の中島です。

半年振りにブログを更新させていただきます。

手抜きをいたしましたことを、お詫び申し上げます。

さて、今回は編地の種類について書き込ませていただきます。

まず最初に「添え糸編み」について

RIMG0450_convert_20110912155714.jpg

「プレイティング編み」とも言います。

画像を見ていただいて、オレンジ色の部分は天竺表目、

黒い部分は天竺裏目になってます。

2種類の糸を一つの針に時差を与えて、供給することにより、

編地の表と裏にでる糸を分けることが出来ます。

裏の糸を表の糸でくるんだように編むので、

「くるみ編み」とも言われます。

RIMG0451_convert_20110912155812.jpg 

上の画像のような二重ひょっとこ(給糸口)を使うことにより、

表目と裏目を編み分けられます。

編地をひっくりかえすと、オレンジ色のところは黒に、

黒の部分はオレンジ色になっています。

二重ひょっとこを使うことにより、アパレルのデザイナーさんのなかには

「ひょっとこ使い」とか、「ひょっとこ編み」などと表現されるかたも

いらっしゃいますが、一番我々に通じる言い方は

「くるみ編み」でしょう。

近代的なコンピューター編み機では二重ひょっとこは使わず、

二つの糸道を前後に配した、「二重糸道走行法」にて編みあげます。

色の違いでデザインを表現するだけではなく、

ストレッチ糸を裏に入れたり、

編みずらい糸の補強に他の素材を入れたり、

することもしております。

また、ひょっとこのことを臼と言われる方もいます。
プロフィール

サンローレル

株式会社サンローレル
東京都江東区亀戸5-45-10
TEL 03-3638-0141
FAX 03-3638-0145
http://www.3-606.co.jp/

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード